コロナウイルス関連⑥ マスクいろいろ

コロナウイルス関連⑥ マスクいろいろ

2020年6月25日 0 投稿者: Soylattes

こんにちは!Latte子です。

先日のブログで「以前に比べると割と落ち着いてきた」と書いたばかりでしたが、残念ながらその直後からおそるべきスピード再度の感染拡大が起きています。

せっかく、「少しは以前のような過ごし方ができるようになってきてるのかな?」と思っていた矢先だったので、本当に残念ですが仕方がないですね。

コロナの再拡大&マスク着用のお達し

経済活動再開の中断を報じる記事

報じられているところによると、連日5000人を越えていた州内新規感染者数が25日には5996人/日にのぼったのことで、3月4月頃の第一波よりも拡大のスピードが早いと言えるようです。

現在、一部地域では集中治療室の受け入れ能力が、既に限界に達しているとのことで、病床確保のために緊急性のない手術は延期することとなりました。

また、州知事のAbbott氏は、先月より段階的におこなってきた経済活動再開の中断を発表しました。今後、飲食店や小売店は既に再開している規模での営業となりそうです。

個人的には、
「せめてフェーズ1、もしくはいっそ以前のロックダウン状態に戻せば確実で安心なのに」
と思ったりはしますが、失業対策および治安の悪化防止などの側面から、そちらもなかなか簡単には選択できないということでしょうか。

そんな中、さらなる感染拡大を防止するため、Abbott氏はマスク着用の徹底を指示しました。

もともと、アメリカ人は本当にマスクをしない人たちで、3月末の時点でもマスク着用の人はほぼ皆無だったと記憶しています。

今のように当たり前のように人々がマスクをするようになったのはオドロキでしかないですが、そこは楽しむことが大好きなアメリカ人、バリエーション豊かなマスクで色やデザインを自由に選んで楽しんでいるように見受けられます。

今日は、そんな個性ゆたかなマスクをご紹介しようと思います!

バリエーション豊富なマスク

白いマスクをしている人って、ほとんど見かけたことがありません。

私が使っているのは、このタイプのマスク。
片側に通気バルブ(?)が付いていて、内側から専用フィルターをセットして使います。
ほどほどの主張がある割に、落ち着いた色で使いやすい。
夫は、これの紺を使っています。そちらも、使いやすいようです。

ですが!

アメリカのマスクは、もっと楽しいデザインが満載です!!

注:Latte子ではありません。(笑)

まずは、スタンダード編。

続いて、スカーフ型&ハイネックタイプ。

スカーフ型マスクをしている人は、よく見かけます。というか、スカーフやバンダナそのものを顔に結んでいる人も多いです。

おもしろマスク編

番外編

こんなアイデアマスクもありました。
口元が見える。

スマイルがだいじな人たちなので、これだと相手に表情を伝えやすくていいですね!

 

まとめ

以上、テキサスの現状と、アメリカのマスクのご紹介でした。

自宅に引きこもる自粛生活もすでに100日を越え、第一波と思われる3月4月の頃からもだいぶ頑張ってこの生活を送ってきたのに、その当時よりも今のほうが感染拡大のペースが速いと言われると正直少々ショックですが、これ以上の拡大が起こらないように一人一人がルールを守って生活していくしかないですね!

せめて、今回ご紹介したような楽しいマスクで乗り切っていきたいものです。

1+