高級キッチン用品をお土産・ギフトとして ~Williams Sonoma~

高級キッチン用品をお土産・ギフトとして ~Williams Sonoma~

2020年2月29日 0 投稿者: Soylattes

カリフォルニア発の高級キッチン用品を取り扱うWilliams-Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)。日本でも一部輸入代理店等を通じて購入ができるかと思いますが、実際の店舗で実物を見ながら買い物をしたい場合、オースティン市内であれば二か所ほど実店舗があります。

一つはオースティン南西部にあるBarton Creek Square Mall(バートンクリークスクエアモール)というショッピングモール内の店舗、もう一つは、ダウンタウンからみると北部にある、Great Hills。特にGreat Hillsにある方のWilliams-Sonomaは、同じ敷地内にTrader Joe’s等もあって便利です。ダウンタウンからであれば、バートンクリークスクエアの方がアクセスは良いと思います。

Williams-Sonoma

https://www.williams-sonoma.com/

Williams-Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)とは?

初期はさかのぼること1947年のカリフォルニア州ソノマにて、創業者であるCharles E. Williamsが小さなハードウェアショップをはじめたことがきっかけだとか。現在は、サンフランシスコに本社を持ち、世界規模で見てもトップクラスの多チャンネル展開をする小売業者であり、600以上のショップを抱えています。

高級感が漂うデザインや製品ラインナップを特徴としており、派生するブランドがいくつかありますが、おおむねWilliams-Sonomaと同様に、ハイクラスの顧客をターゲットとしている印象です。

実店舗では、その店内の高級感や雰囲気なども魅力の一つ。製品そのもののデザインだけでなく、ディスプレイや商品の陳列されている様子一つ一つが、何か訪れる人に提案をしているかのような”見せ方”なので、見ていて面白い。カテゴリ別に、クロス、グラス、調理器具、電化製品、食品などが配置されているので、買い物もしやすいです。

もちろん、実店舗だけでなくオンライン上でもショッピングが可能ですし、サイトも充実。実店舗では、一部のキッチン用品・テーブルウェア・調理器具の実物を見ることができますが、オンライン上では、より幅広く製品を探すことができます。

また、これらの製品の購入だけでなく、季節ごとのレシピ情報やWilliams-Sonomaが展開している各種サービスの情報も有ります。レシピ情報だけでも一冊の料理ブック以上の情報量がぎっしり。Williams-Sonomaの製品と上手くマッチする料理まで、トータルコーディネートするという意気込みがさすが高級ブランド。

Williams Sonoma Homeを覗くとベッドやソファーなど、リビングにもこの世界観を展開したい方向けの製品を見つけることもできますね。こちらではデザインサービスからルームプランナーまで、高級オーダーメイドタイプのサービスへの入り口も見つかります。

アメリカならではの高級テーブルウェアが魅力

このブランドの魅力は、やっぱり高級感あふれるテーブルウェアの数々。グラスやプレートであれば、新たに人セットをそろえたくなるようなシンプルでデザインが良い製品を多く見つけることができます。フロアスタッフもとてもフレンドリーなので、色々と相談をしてみるのも良いかも。

アメリカは日本に比べると、季節に合わせたテーブルウェアを準備してゲストを迎えるという習慣があるので、季節の変わり目より若干早い頃に店を訪れると、ディスプレイの変化があっておススメです。他の店舗でも同様ですが、シーズン後のディスカウントもまとめ買いのチャンス。

Williams-Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)は、セレブを中心としてアメリカでの知名度が高いので、ギフトなどを選ぶ際に一つの頼れる選択肢になることは間違いありません。実店舗は主にキッチン用品・テーブルウェアなどを中心として取り扱っていますが、エスプレッソマシンからフードプロセッサなどの電化製品も取り揃えています。

日本未上陸・女性向けお土産グッズも豊富

このブランドは、2020年2月現在でも未だ日本未上陸。アメリカで生活する上で必要となるキッチン用品・テーブルウェアのみならず、ちょっとしたお土産になりそうな食品や調味料などもある程度そろっています。

例えば、写真にあるようなバラエティ豊かな調味料・ビネガーから、デザインが魅力的な缶入りのチョコレートをはじめとして、製品の価格も大きさも様々。テーブルクロスなどのクロス類も日本への持ち帰りの際の取り扱いも簡単なので良いかも。

”高級”と言いたくなるほど、やはり値段はそれほどリーズナブルではないものが多いのですが、商品のバリエーションも豊富なので、長く気に入って使用するものだったり、大切な人へのギフトを探すショップとしてはとてもおすすめです。”日本未上陸”もお土産には最適な条件かもしれないので、機会があれば是非訪れてみてください。

0